部屋を加湿して肺炎を起こすA型インフルエンザを予防

寒い季節になるとインフルエンザの心配をしなくてはなりませんね。近年、インフルエンザは毎年のように流行するようになっており、乾燥してる部屋は対策が必要です。
ただ生活習慣病のように体の中から起こる病気ではなく、ウイルスとして感染する病気ですすから、乾燥してる部屋を加湿する等ある程度対策を講じておけば感染するリスクを大幅に下げることができます。予防接種を受けることが最も効果的な方法と言えます。疲労が溜まっていたり栄養バランスが崩れていると免疫力が低下してしまうため、感染症にかかりやすい状態になってしまいます。予防接種を受けた上で免疫力を高めておくと安心です。
インフルエンザには種類があり、A型からB型、C型と分類することができます。このうち流行しやすいウイルスがA型インフルエンザです。B型等と比較してもA型インフルエンザの場合は流行する力が強いウイルスで、誰か一人がかかると周辺にいる人たちにもあっという間に広がってしまいます。
医療機関で検査を受けてA型インフルエンザと診断された時は、医師から処方された薬を指示通りに服用しましょう。特徴的な症状として挙げられるのは、急な高熱や悪寒、頭痛、関節痛等です。普通の風邪でも熱が上がることはありますが、A型インフルエンザの場合は突然40度近い熱が出ることも珍しくありません。放っておくと肺炎を発病する危険性があるので、早めに医療機関を受診しなければなりません。肺炎の症状には高熱の他に咳や呼吸困難といったものがあります。インフルエンザの初期症状で咳が出ることはほとんどなく、肺炎の兆候と考えることができます。
インフルエンザの合併症として発病する肺炎を予防するためにも、適度な湿気を保つ必要があります。乾燥してる部屋はウイルスを蔓延させるので加湿器等を使用しましょう。