A型インフルエンザと新インフルエンザの予防のコツ

猛威を振るう感染力が強いA型インフルエンザは、予防接種をしたり手洗いうがいなどもしながら予防をしていく事が大切です。一般的にはこれらの季節性のインフルエンザが毎年流行をするのですが、ウイルスが変異をして新インフルエンザが発生する可能性もあります。鳥や豚などからのインフルエンザが発生して猛威を振るったのも記憶に新しい所ではないでしょうか。新インフルエンザになりやすいのはA型インフルエンザだと言われています。その為、感染力も強く症状も重篤になりがちです。対処方法もすぐには見つからない事が多いので、かからないようにする事やうつさないという事もコツを踏まえて考えなくてはいけません。

様々な情報が飛び交いますが、基本的な予防は行う事が大切です。ワクチンに関しては5ヶ月間有効なので、早めに受診しておけばその分安心して過ごせます。かかっても重篤化するのを防いだりしてくれる効果も期待できます。感染経路も主にくしゃみや席などの飛沫感染が多いため、マスクをするのは有効な手段です。うがいや手洗いに関してもただ行うだけではなく、手洗いなら最後にアルコールを使ったりするのもさらに効果が見込めます。コツと言っても本当に基本的なことばかりですが、基礎体力や免疫力を上げておくことで新インフルエンザにも耐えやすくなります。A型インフルエンザと同じように対処をしていく事になるわけですが、しっかりと自分自身でも食事のバランスや睡眠を取るという事も行って体力の回復をする事も予防のコツとなります。そして、風邪の症状に似ている分油断しがちなので、高熱が出たらなるべく早急に病院に行くなどして、治療も進めていくように心がけましょう。